一人暮らしにぴったりの保険

一人暮らしにぴったりの保険とはどのようなものでしょうか?

なんとなくですが・・・

 

「社会人になったら生命保険の一つにでも入るのは当たり前!」

 

なんて言われているようですが、これは大間違いです。

 

生命保険というのは自分に何かあったときに、残された人に経済的負担を掛けないようにするためのものです。

 

一人暮らしの人には必要ありません。

 

 

「生命保険を早めに支払っておけば貯蓄にもなるし、支払いも少なくて済む」なんて営業トークにだまされてはいけません。

 

貯蓄と考えるなら、絶対に貯金したほうが良いに決まっています。

 

保険を使う確率が少ないときに、生命保険なんかを払っている意味はありません。

 

まずは、一人暮らしの時には貯金することです。

 

そして、将来結婚したときに、奥さんと人生の計画を練って、保険をどのように使うかを決めるべきですね。

保険料年払いは得なのか損なのか

保険料を下げる方法として年払いがあります。

 

保険料の契約時に、支払い方法としてほとんどの保健外交員は月払いで計算した金額を提示してきます。

 

若い人は、何も知らずに保険料は月払いなんだと思ってしまう人も多くいると思います。

 

保険料の支払い方法には、保険料年払いという物もあります。

 

支払い方法を月払いにするか年払いにするかを契約者が選ぶことができます。

 

 

ただ、保険料年払いですと払う金額が非常に高くなるため、保険外交員は月払いで最初から保健の見積書をだしてきます。

 

保険料年払いのほうが得なのか、月払いのほうが得なのか、といえば断然保険料年払いのほうが得です。

 

保険外交員にしてみれば、月払いのほうが年間に支払ってもらう料金が多くなるので、月払いで契約してもらったほうがいいでしょう。

 

昔は、保健に関する情報を知るには保険外交員以外からの情報はほとんどなく、保険外交員の言いなりで契約をしていた状態です。

 

支払う金額だけを考えると保険料年払いのほうが断然やすくなります。

 

ただし、年払いの場合は、1回で1年間分の保険料を払うことになるのでまとまったお金を必要とします。

 

安いからといって、1回で払えないような人が年払いを選択するのは妥当ではありません。

 

この場合は、月払いを選択するほうが賢明でしょう。

 

ご自身のライフスタイルに合わせた支払い方法を選ぶことをお奨めします。

おすすめリンク

住宅ローンの滞納について無料相談はこちら
http://cosmetic-tsuruya.com/juutakuro-nentai/