【三大疫病保障】生命保険の見直し相談

三大疫病保障とは

 

まず三大疫病保障とはどのような病気を保障してくれるのでしょうか。

 

三大疫病とは具体的に、がん、急性心筋梗塞、脳卒中がそれにあたります。

 

つまり三大疫病保障とは、これらがん、急性心筋梗塞、脳卒中の病気になり、加入している保険内容の条件に合っていれば保険金が支払われるという保険内容です。

 

がんの場合、被保険者が責任開始時前を含めて初めて悪性新生物に罹患したと医師により診断、確定された時該当します。

 

急性心筋梗塞は、被保険者が責任開始時以降の疫病を原因として発病し、医師の診断を受けて診断された時に該当します。

 

脳卒中は被保険者が、責任開始時以後の疫病を原因として発病し、初めて医師の診察を受けてから60日以上、運動疾患や言語障害、麻痺など神経学的後遺症が起こったときに該当します。

 

三大疫病保障は、このがん、急性心筋梗塞、脳卒中の病気になれば保険金が支払われるのではありません。

 

注意して欲しいのが、三大疫病になり、ある条件を満たした場合のみに保険金が支払われるのです。

 

ここで言う一定の条件は、例えば急性心筋梗塞では「60日以上労働の制限を必要とする状態が継続した時に条件に該当します。

 

気をつけて欲しいことががんの種類です。

 

上皮がんや皮膚がん、女性特有のがんの場合は保険金がおりないことも多いです。

 

どの条件の時に保険金がおりるのかしっかり確認をしておかなければいけませんね。