保険でお金を借りる?保険契約者貸付制度

保険でお金を借りる?保険契約者貸付制度

保険でお金を借りる「保険契約者貸付制度」が意外と便利です。

 

生命保険の賢い使い方で意外と知られていないのが「保険契約者貸付制度
」です。 これは単純に言ってしまえば「保険でお金をかりられる制度がありますよ」という事ですね。

 

たとえば生命保険は夫婦ともども加入していたが子供の進学に思いのほかお金がかかりそう、でも学資保険には加入してなかった。 なとの例ですね。
こういうときには「保険契約者貸付制度」を使いお金を借りるという手もございます。

 

■この制度の特徴としては

 

・保険の形態
終身保険・養老保険・個人年金保険などの貯蓄型保険に加入していれおり、契約者本人であれば利用できるようになっています。

 

・貸付利息
事業者によりばらつきはありますがかなりの低金利のものも存在します。利息の形態はほぼ複利計算方式ですので、元利合計額が膨れ上がってしまいますので長期借り入れで後に一括返済の場合は注意がいるかもしれません。

 

・貸付可能額
これはご加入している保険の金額によってかわりますが「保険契約の解約返戻金」の80%〜90%を限度に貸し出ししてくれます。

 

・審査は
加入者であり、対象の保険であれば審査が不要なところがほとんどです。

 

・返済期間
基本的には保険期間満了までで、返済はいつでもといった形が多いようです。決まった額を毎月払ってもいいですし、お金の都合がついたときにまとめて返す事も可能です。
銀行やカードローンのように契約時に「毎月○○円の支払いで」と決定する必要はありません。

 

■また注意としては

 

借りたお金が解約返戻金を超えてしまった場合。
 返済期間までに返済されていないと保険契約は失効になって無責状態になってしまう事もありますので、借り入れ金額の上限と返済予定日については注意が必要です。

 

またこの保険契約者貸付制度には「自動振替貸付」というシステムもあり、お金がなくて保険料が払えないまま保険料払込猶予期間を過ぎてしまった場合、払込日を過ぎた分の保険料を解約返戻金の中から自動的に貸付ける制度です。

 

これによって「今月保険料が払えない!」などというときの即時契約解除を回避することができます。

 

しかしながら、それが累積し、解約返戻金が無くなってしまった場合は、契約が失われてしまいます。 

 

解約返戻金がちゃんと欲しい場合は無論のちにその分を返済しなければなりません。
保険契約者貸付制度を使い賢くお金をやりとりして急なピンチをしのぎましょう。