海外旅行保険

「海外旅行保険の特徴」

 

海外旅行保険とは、きちんとした言い方をすると「海外旅行損害保険」と呼ばれています。

 

その名の通り海外旅行に行く時に加入する保険です。

 

 

用意されている主な保険内容は、死亡(傷害・疫病)、傷害後遺傷害、治療(傷害・疫病)、救援者費用、賠償責任、携行品損害、航空機寄託手荷物遅延、航空機遅延、などが主な保険の補償内容になっています。

 

海外旅行損害保険の内容も、旅行の行き先や日程、旅行内容の目的によっても補償されている内容にどれだけものを取り入れるのが良いのかも旅行内容によって変わってきますので、実際に旅行に参加する人の年齢や、行く先の治安の良さなどもしっかり調べた上で加入する内容を決める必要があると思います。

 

また保険内容も加入する保険会社によっても若干の違いがあるので約款をしっかり読んだ上で加入するようにしましょう。

補償内容

どのような補償内容があるのかを見てみましょう。

 

死亡(傷害)、旅行中に起きた怪我によって亡くなった場合に補償されます。

 

死亡(疫病)、旅行中の病気によって亡くなった場合に補償されます。

 

治療(傷害)、旅行中の怪我の治療費用が支払われます。

 

治療(疫病)、旅行中の病気の治療費用が支払われます。

 

入院一時金、旅行中の怪我や病気によって入院した時に一時金が支払われます。

 

救援者費用、旅行中怪我や病気になり親族が駆けつけた時の費用として支払われます。

 

賠償責任、人身や人の持ち物や公共物などを破損してしまった時にその費用として支払われます。

 

携行品損害、携行品が窃盗や事故にあい損害を受けた時に保険金が支払われます。

 

航空機寄託荷物遅延、航空機に預けた荷物が予定通りも目的の場所に着かなかった場合に支払われます。

 

航空機遅延、搭乗予定の航空機の到着が遅れた場合、搭乗していた航空機の目的地への到着が遅れた時にホテルや食費などが保険金として支払われます。

 

ざっとあげましたが、海外力保険には以上のような補償内容があるのです。