一人暮らしに必要な【火災保険】

相続に関わる火災保険の名義変更のトラブル

 

近年、日本は超高齢化社会となり、かなりの高齢者で人口を占める国となっています。

 

そのため、相続に関する問題も顕著化してきています。

 

その一つとして、自宅などにかける火災保険の名義変更があります。

 

 

契約者が死んでしまった場合、登記上の問題なだけなので基本は契約者の変更で済みますが、相続者が妥当かどうかの審議が入るため、なかなか降りないようです。

 

また、掛け捨てでなく、積立の場合は相続人すべての書類が必要というケースもあるようです。

 

このような状況になった場合、まずは加入している保険会社に相談して見ることをおすすめします。

 

保険会社が大手保険会社であれば代理などを通じないでそのまま相談すると問題がスムーズに解決するかと思います。

 

逆に代理などで無料相談とかだと的外れや中間査収、詐欺などの犯罪の可能性も出てくるためあまりお勧めしません。

 

特に土地の所有権が複雑になるケースもあり、今後もこのような潜在的な問題は出てくると思います。

 

司法での対応が今のところあまり期待できないこともありますし、トラブル時に裁判というのも日本だと難しいものかと思います。

 

火災保険の名義変更は可能な限り、契約者など当事者の生きている間で動かすなどしておいたほうがトラブルを最低限にできると思いますので、いざというときでなく時間を持って早めに保険や資産の確認はしておくべきでしょう。