一人暮らしに必要な【国内旅行保険】

「国内旅行保険の内容」

 

国内旅行保険は海外旅行の時に加入する海外旅行保険と同様に、旅行時のトラブルを補償する保険です。

 

国内旅行に行くために自宅を出てから無事に家に帰りつくまでの間を補償するものです。

 

補償内容としては怪我による死亡や入院費用、通院など普段の傷害保険と同じ補償内容が基本になっています。

 

それに加えて携行品損害や、救援者費用の補償がセットになっています。

 

しかし国内旅行保険には、海外旅行保険にある病気になり死亡した場合や、病気の治療に関しての費用は補償されません。

 

国内旅行で補償されている内容としては、死亡・後遺障害、入院保険金日額、手術保険金、通院保険金日額、賠償責任、携行品損害、救援者費用、臨時費用などの内容がセットになっています。

 

保険にかかる費用は海外旅行保険の時では少し高めでしたが、国内旅行保険の場合はそれほど費用も高くなく、3泊くらいの旅行でも1000円もあれば十分な保険内容のプランに加入できます。

 

 

1泊2日などであれば、500円足らずで加入できたりしますので入っているほうが良いと思います。

 

またこの補償以外にも飛行機が欠航した時や、着陸場所が変更になった時などの交通費や宿泊費用、留守中の空き巣に入られて家の金品が
無くなった時にも補償される内容もセットになった国内保険もあるのですよ。