一人暮らしに必要なのは【入院給付金】

入院給付金

 

入院時に長期になれば、治療代もベッド代・食事代もどんどん加算されていきます。

 

その負担額を日に日に上がっていきます。

 

入院をするということは、必然的に手術をするようなことも多々でてきます。

 

 

1回手術をすれば、直ぐに30万円を超えるようなこともあります。

 

その場合、保険が効いたとしても、90,000円掛かることになります。

 

これに、入院時のベッド代や食事代なども掛かってしまいます。

 

1回の入院で、14・5万円以上掛かることはざらにあります。

 

いくら保険で負担が3割といっても、その3割でも14・5万円を払わないといけません。

 

結構な負担増となります。

 

そこで入院給付金として高額療養費制度というのがあり、月の入院時の治療費が80,000以上越えるようなときは、それ以上は払わなくていいようになっています。

 

ただ数日の入院であればいいのですが、1ヶ月以上続くような場合は、ベッド代など保険が効かない費用は実費精算となります。

 

厚生労働省の調べでは、1日10,000円の保険料が入るようであれば、自己負担のベッド代などは、すべて入院給付金で補うことができます。
さらにいいのが、受取った入院給付金には税金が掛かりません。

 

すべて非課税となりますので、掛けておいて損はありません。