一人暮らしに必要な【先進医療保険】

高度医療保険とは

 

先進医療とは、厚生労働省が設定したもので、似たような内容に高度医療というものがあります。

 

一人暮らしに必要な【先進医療保険】

 

先進医療は、薬事法上の未承認または適応外使用である医薬品または医療機器の使用を伴わない技術、であるのにくらべ、高度医療はそれらの使用を伴う技術、という区別がされていますが、どちらも一般の保険診療との併用が可能です。

 

先進医療技術は、医師と患者の合意、技術の必要性、合理性などをもとに診療が開始されます。

 

種類としては、炭素イオン線を体外から病巣に照射する重粒子線治療、陽子線を病巣に照射する陽子線治療、リンパ球を腫瘍と混合してインターロイキン存在下で培養することにより、腫瘍に特異的に反応するキラー細胞を増殖させて体内へ戻す、という活性化自己リンパ球移入療法などがあります。

 

これらは、1回で55?300万もかかる高額技術であるため、自己負担額を減らすために先進医療保険という制度があります。

 

ただし、これらの保険がきく医療機関、医療技術は限られているため、事前に調べておく必要があります。

 

また、最近は先進医療技術の開発速度が早いため、むかしでは先進医療技術に相当したのに、いまでは一般保険対象内である技術もありますので、その都度、最新の情報を保険会社や専門機関(FPやアクチュアリーなど)にきいておきましょう。