保険の審査基準

保険の審査基準とは

審査基準

保険の審査基準は、当該社会の生活と文化を測る尺度

 

人類における「保険」の歴史は古く、起源というのは定かになっていないらしく、古代のヨーロッパにはすでに萌芽といえるものがあったとも言われます。

 

現在の保険とはまったく異なるものとも思えますが、概念としては、人類の文明社会のなかで、社会経済の発展とともに進化してきた制度なのでしょう。

 

日本国内に今日のような保険制度が導入されたのは明治時代といわれています。

 

最初は火災保険、海上保険で始められて、やがては生命保険等で徐々に一般社会に浸透していったのです。

 

保険制度は、近代国家社会ではその経済成熟度を測る尺度になるかもしれません。

 

貧富の差が大きい、後進国家には大きくは成立できないからです。

 

保険の審査基準に適合するだけの国民の多数の生活レベルが維持される社会でなければなりません。

 

それは生命保険でいえば、一般国民の健康レベルです。

 

 

たとえば、生命保険に加入するには、その人の健康状態、過去の病気等の自己申告、健康診断書が必要になります。

 

健康で文化的な生活が一般的に人々に保証されている社会かどうかがそこに反映されてくるでしょう。

 

火災保険等の家屋や家財に対する保険の審査基準は、その財物の価値に対すること、すなわち国民生活の豊かさを反映するでしょう。

 

保険の審査基準は、その種類によっても、社会によってもまったく異なってきます。